FC2ブログ

[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)


[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)



ロキシコム猫用は、メタカムと同じ有効成分であるメロキシカムを含有する猫用の非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)です。猫における運動器疾患に伴う急性の炎症及び疼痛の緩和に用いられます。

ロキシコム猫用に含有されている有効成分のメロキシカムは、炎症性反応を引き起こすプロスタグランジンの生合成を誘導するシクロオキシゲナーゼ2(COX-2)酵素を選択的に阻害します。従来の非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)に見られるような消化管障害、腎毒性などの副作用の発現が少ないのが特徴です。

1日1回、体重に応じた適切な量を、食餌とともに投与してください。ロキシコム猫用には、計量に便利なシリンジが付属しています。

[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)

スポンサーサイト



メタカム猫用(MetacamForCat)


メタカム猫用(MetacamForCat)


メタカム(猫用)は、有効成分のメロキシカムを含有したオキシカム系の非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)です。

メタカム(猫用)の有効成分であるメロキシカムは、炎症性反応を引き起こすプロスタグランジンの生合成を誘導するシクロオキシゲナーゼ2(COX-2)を選択的に阻害することで、炎症や疼痛をやわらげます。

シクロオキシゲナーゼ2(COX-2)への選択性があるため、従来の非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)でみられる消化管障害、腎毒性などの副作用が少ないのが特徴です。

メタカム猫用(MetacamForCat)

オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)


オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)



オンシオールは、有効成分ロベナコキシブを含有した猫用の消炎鎮痛剤です。

ロベナコキシブは、コキシブ系COX-2高選択性NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)です。痛みや炎症の元となるプロスタグランジンの生成に関与するCOX(シクロオキシゲナーゼ)の働きを抑えることで、プロスタグランジンの生成を抑制し、運動器疾患に伴う急性の疼痛及び炎症を緩和します。また、ロベナコキシブはCOX-2を選択的に阻害し、身体の恒常性維持に必要なCOX-1をほとんど阻害しないため胃粘膜障害などの副作用が出にくい薬です。

オンシオールは、投与後すばやく最高血中濃度に達し、炎症部位に長く留まります。1日1回の簡便な投与により痛みや炎症を和らげます。

オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)


安全性、即効性、持続性の3拍子揃った鎮痛薬。


3拍子揃った「オンシオール」との出会い

我が愛犬ですが、ちょうど6歳になった頃に、突然後ろ足を引きずるようになったのです。
散歩をしても辛そうで、すぐに病院に連れて行きました。
その時に処方された薬が「オンシオール」という鎮痛薬。

すぐに良くなり、元気良く歩き周るようになって、とにかくびっくり。
さっきまで足を引きずっていたのに、元気に歩けるようになったのです。

でも心配だったのは副作用。
効き目がある分、愛犬の体への負担が心配でした。

しかし、この「オンシオール」という薬、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)と呼ばれる種類の薬で、
胃腸などの消化器官に影響が少ないという特徴のある薬なんです。
つまり、副作用が少なく、安全性に優れているんです。

瞬く間に我が愛犬には、必要不可欠な薬となりました。
安全性があって即効性もあり、そして持続性にも優れているんです。
まさに3拍子揃った鎮痛薬です。


安全性・即効性・持続性の3拍子+ワン!

そして、もう一つ大きな利点がありました。
とても飲ませやすい薬なのです。
我が愛犬ですが、薬をとにかく嫌がる子で、何度も困ったことがありました。

ところがこのオンシオール、少しの餌に混ぜるだけで、全く嫌がりません。
安全性・即効性・持続性の3拍子揃っていて、プラス・ワン!で手間いらずに飲ませることもできる。
飼い主にとっては、まさにパーフェクトな薬なわけです。

あっ、でも一つだけ問題が・・・


うさパラで問題を解決!

薬、そのものではないのですが、一つだけ問題がありました。
それは値段です。動物病院は非常に高かったのです。
かといって、買わないなんてわけにはいきません。

そんな時に知ったのがうさパラという個人輸入サイトでした。
なんと、うさパラだと動物病院の半額以下で注文できることがわかったのです。
これで全ての問題が解決できたのです。

愛犬の元気な姿をいつも見られるのはオンシオールのおかげです。
そして、安く注文できるうさパラ、愛犬には欠かせません。

これからも、「オンシオール」×「うさパラ」で愛犬を支えていきます。


オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)



オンシオールは、有効成分ロベナコキシブを含有した猫用の消炎鎮痛剤です。

ロベナコキシブは、コキシブ系COX-2高選択性NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)です。痛みや炎症の元となるプロスタグランジンの生成に関与するCOX(シクロオキシゲナーゼ)の働きを抑えることで、プロスタグランジンの生成を抑制し、運動器疾患に伴う急性の疼痛及び炎症を緩和します。また、ロベナコキシブはCOX-2を選択的に阻害し、身体の恒常性維持に必要なCOX-1をほとんど阻害しないため胃粘膜障害などの副作用が出にくい薬です。

オンシオールは、投与後すばやく最高血中濃度に達し、炎症部位に長く留まります。1日1回の簡便な投与により痛みや炎症を和らげます。

オンシオール6mg猫用(Onsior 6mg Tablets for Cats)

[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)


[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)



ロキシコム猫用は、メタカムと同じ有効成分であるメロキシカムを含有する猫用の非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)です。猫における運動器疾患に伴う急性の炎症及び疼痛の緩和に用いられます。

ロキシコム猫用に含有されている有効成分のメロキシカムは、炎症性反応を引き起こすプロスタグランジンの生合成を誘導するシクロオキシゲナーゼ2(COX-2)酵素を選択的に阻害します。従来の非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)に見られるような消化管障害、腎毒性などの副作用の発現が少ないのが特徴です。

1日1回、体重に応じた適切な量を、食餌とともに投与してください。ロキシコム猫用には、計量に便利なシリンジが付属しています。

[メタカムジェネリック]ロキシコム猫用(LoxicomForCats)

[VetriScience]グリコフレックスプラス猫用(GlycoFlexPlus)


[VetriScience]グリコフレックスプラス猫用(GlycoFlexPlus)



VetriScienceのグリコフレックスプラス(猫用)は、猫の関節をサポートするためのサプリメントです。グルコサミンをはじめ、コンドロイチン、MSM、DMG、ビタミンCなどの有用成分が、猫の体全体の関節に働きかけ、可動性をサポートします。VetriScienceは、NASC(全米動物サプリメント協議会)認定の高品質ペット用サプリメントブランドです。

グリコフレックスプラスに含まれる成分の働き
■グルコサミン
関節部の細胞の新陳代謝に関与しています。関節炎や関節の痛みに有用であるといわれています。

■コンドロイチン
保水性や弾力性があることで知られ、軟骨に働きかけるといわれています。グルコサミンとの相性がよいことでも知られています。

■MSM(メチルサルフォニルメタン)
軟骨に働きかける成分として知られています。

グリコフレックスプラス(猫用)は、関節に有用な成分を豊富に配合した猫の関節サポートを目的としたサプリメントです。

[VetriScience]グリコフレックスプラス猫用(GlycoFlexPlus)


ペットはサプリでケアする時代。高齢ペットの関節サポート、寂しがり屋のストレスケア etc…


愛するペットと末永く一緒に…。

とにかく毎日一緒にいる我が家のペット君たち。若いのもいれば15歳の重鎮も♪
いつからかわかりませんが、もはやこの子なしの生活はもはや考えられなくなりました。(笑)
かわいいし、守ってやらなきゃって。

そこで当然、気になってくるのが健康ですよね。
運動、食事、気をつけなければいけないことは、十分に注意しています。
ところが、長年に渡り飼っていると、それだけでは十分ではないケアがあることが分かります。


高齢化ペット&ストレスフルなペット

運動と食事だけでは対応できなかった問題、それが、我が家の場合、ペットの高齢化とストレスでした。
そのため、この課題をどうしたいいのかをいろいろ考え、様々なチャレンジ。

そして出た答え、それがサプリメントの使用でした。

え?サプリメント?ペットに?そう思われる方も多いかもしれません。
確かに我が家においても現状の問題がなければ、おそらく「ペットにサプリだなんて贅沢かも。」と思っていたでしょう。
しかし、やはり愛する我が子、私には背に腹は替えられません。

まず、高齢化したペットへの対応をどうしたか。
彼の場合、関節が悪くなってしまい、足をかばって歩く姿が痛々しいほどの状態でした。
こうなってしまうと、運動はもちろんできませんし、食事でケアするのも限界があります。

そこで色々調べて、彼に摂取させたのがVetriScienceシリーズのグリコフレックスプラス(犬・猫用)。
人間用サプリでご存知の方も多いと思いますが、関節サポート成分 グルコサミンやコンドロイチンが配合されています。

また、昼間に私がちょっと出掛けるだけで、おおきなストレスを抱えてしまう彼に摂取させたのは、同じくVetriScienceシリーズのコンポージャー(犬・猫用)です。
精神を安定させる成分チアミンやテアニンが配合されています。

まだまだある症状別ペット用サプリメント

医薬品ではありませんので、私も当初はそれほど期待していたわけではなかったのですが、
月日が経つにつれ、我が家のこの二匹は徐々に目に見えて回復してきました。

この回復の特性をみていると、予防目的やゆっくりとケアしたい時に最適な感じがしています。
サプリメントということもあり、副作用的なところもまったく感じることがなかったのもおすすめできる理由です。

また、このVetriScienceシリーズには、上記の2点の他、ペット用のマルチビタミンを始め、毛並みケア、腸内や膀胱、利尿サポートなどのサプリもあるようです。

個人的には、愛するペットに、あれっ?という兆候があったときはもちろん、転ばぬ先の杖として摂取させるのも良いなって思っています。


[VetriScience]グリコフレックスプラス猫用(GlycoFlexPlus)



VetriScienceのグリコフレックスプラス(猫用)は、猫の関節をサポートするためのサプリメントです。グルコサミンをはじめ、コンドロイチン、MSM、DMG、ビタミンCなどの有用成分が、猫の体全体の関節に働きかけ、可動性をサポートします。VetriScienceは、NASC(全米動物サプリメント協議会)認定の高品質ペット用サプリメントブランドです。

グリコフレックスプラスに含まれる成分の働き
■グルコサミン
関節部の細胞の新陳代謝に関与しています。関節炎や関節の痛みに有用であるといわれています。

■コンドロイチン
保水性や弾力性があることで知られ、軟骨に働きかけるといわれています。グルコサミンとの相性がよいことでも知られています。

■MSM(メチルサルフォニルメタン)
軟骨に働きかける成分として知られています。

グリコフレックスプラス(猫用)は、関節に有用な成分を豊富に配合した猫の関節サポートを目的としたサプリメントです。

[VetriScience]グリコフレックスプラス猫用(GlycoFlexPlus)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR